11月2日(金)コンサート「宵月 Mé li Mé lo」

11月2日(金)コンサート「宵月 Mé li Mé lo」

コンサート会場 寺本邸(BIWAKOビエンナーレ会場 11番)
日程 11月2日(金) 開場18:00 開演18:30~19:40

フランスから来た仲良し三人組が、バロック音楽と古楽器の魅力をたっぷりご紹介します。
秋の宵、伝統的な町家で音楽のひとときをお楽しみください。
パーセル「鳥の歌」ファルコニエリ「悪魔のダンス」クプラン「蝶々」
ロッシ「ベルガマスク」等々・・・

チケットはこちらより購入いただけます → チケット購入

出演
サラ・デュビュスSarah Dubus(リコーダー&コルネット)
ギヨム・ボリューGuillaume Beaulieu(リコーダー)
平出 智子Tomoko Hirade(チェンバロ)

ドレミファソラシドが吹ければOKです。リコーダーをお持ちの方はご持参ください。
ご来場の皆さんで簡単な一曲を合奏しましょう!

サラ・デュビュス

ルーアンのコンセルヴァトワールでリコーダーを学んだ後、パリ・サクレィのコンセルヴァト
ワール古楽器科を経て、リヨンの国立高等音楽学校でリコーダーとコルネットの修士課程を審査員
一致の最優秀で修了。リコーダーをJP.二コラ、P.アモン、コルネットをJ.テュベリに師事。2016年
トゥールーズ国際古管楽器コンクールにてコルネット部門第一位。現在ソリストとして、またラ・
フェニーチェ、ピグマリオン、Ozio Regioなどの古楽器アンサンブルの一員として世界的に活躍し
ている。

平出 智子
東近江市出身。エリザベト音楽大学を経て、パリ・サクレィのコンセルヴァトワール古楽科にて
クラヴサン(チェンバロ)を始める。クラヴサン・通奏低音・古楽オルガンのディプロムを取得、パー
フェクションコースを最優秀の評価を得て修了。クラヴサンをM.デヴェリテ、オルガンをX.ウス
タッシュ、通奏低音をPA.ブレ=ヴェップに師事。現在、ソリスト・通奏低音奏者としてヴェルサイ
ユ・バロックセンター(CMBV)主催のヴェルサイユ宮殿音楽会をはじめ、欧州・日本での数々のコン
サートに参加。音楽プロジェクト「Les Saturniens」主宰。

ギヨム・ボリュー
10才よりリコーダーを始め、パリ・サクレィのコンセルヴァトワール古楽科を経て、リヨンの国
立高等音楽学校でリコーダーの修士課程を最優秀の評価を得て修了。リコーダーをJP.二コラ、P.ア
モンに師事。2017年Moeck国際リコーダーソリストコンクール第二席。カンツォーナ、ピグマリオ
ン等の古楽アンサンブルで国際的に活躍する他、リコーダーコンソートBrouillaminiの一員として
数々の賞を受賞。複数のコンセルヴァトワールで教鞭をとるなど、後進の指導にも力を注いでい
る。