ARTIST PROFILE アーティストプロフィール

赤松音呂+横山翔平

Akamatsu Nero + Yokoyama Shohei
[ 日本 ]

プロフィール

赤松音呂 [日本]

東京都出身 東京都在住。2005年東京藝術大学大学院 先端芸術表現科 修了。電子デヴァイスを組み合わせたインスタレーション、イヴェント型のインスタレーションやヴィデオ、彫刻、絵画、写真などさまざまなメディアを用いた作品を制作する。2015年,《チジキンクツ》(2013–15)でアルス・エレクトロニカ デジタル・ミュージック&サウンド・アート部門ゴールデン・ニカを受賞。

横山翔平 [日本]

1985年 岡山県生まれ。ガラス作家。多摩美術大学非常勤講師。
ガラスという透明な流動体に生命の息吹を感じ、その内なる力を「吹く」という身体的行為により 可視化すること表現としている。息を抱えて膨張したガラスは胚となって生の気配を孕み、鑑賞者の知覚に深く語りかける、そんな存在を制作している。 国内外の美術館、ギャラリー、アートフェアなどを中心に展示活動を行う。LOEWE Craft Prize 2018 (The DESIGN MUSEUM/イギリス)ではファイナリストに選出、第15回岡山県新進美術 家育成 I氏賞(天神山文化プラザ/岡山)でグランプリを受賞。

《message》
ガラスは結晶構造を持たない『アモルファス(amorphous)』とされ、分子レベルでは液体にも固体にもに分類されない希有な素材であり、熱によって液体となってかたちを変え、重力と遠心力の影響を受けて流動する。 
代表作である「pool」は大型の吹きガラス作品で、溶解炉で溶けた1200℃を超えるガラスを巻き取り、息を吹き込むことで成形される。冷めて割れるまでの一瞬の間に3mを超え膨張する。絶えず流動し熱を発するガラスを前にすると受ける極めて原始的な感覚は、認知し難い生命力に対する畏怖の念と考える。
私はガラスという透明な流動体に生命の息吹を感じ、その内なる力を「吹く」という行為により解放する。息を抱えて膨張したガラスは胚となって生の気配を孕み、鑑賞者の知覚に深く語りかける。

過去の作品

赤松音呂
横山翔平