ジル・ベソウ

Gilles Bessou

My name is Gilles Bessou I’m French born 20/05/1979 in Montauban, in south of France. Since 2001 I’m living in Paris.

I’m playing guitar since I’m 9 years old when my father begins to teach me classical guitar. In 2005 I started producing myself with Gaël Segear in a French chanson band “Gaël et Gilles”.

The artistic project grows up and change name to become “L’alphabet Desiré” in 2007 and then “Uchronie” in 2012. I collaborate with many musician and performer in Paris as cello player Karsten Hochapfel, Buto dancer François Genty, Drummer and keyboards Philippe Zarka and Rachel Gruneisen… .

We first traveled to Japan in July-August 2013 for Hakodate World Music and Dance Festival in which we perform with Uchronie in 2013 and 2014. Since 2013 I’m coming each year’s in Japan to perform music with many Japanese musician (bass player Michihiro Morisada, flute player Korey Deguchi, drummer Ryouta, saxophonist Takapach, pianist Miki Takata) and dancer and performer (Katsura Kan, Momoko Maki, Ami Maruyama).

In 2015 we made a one-month Japan Tour from Osaka to Tokyo and played for 28 gigs in 30 days. We meet with Biwako Biennale’s artists Akihito Okunaka and Mayuko Tanabe in 2013 during our first trip to Japan.

In 2015 Akihito Okunaka came to France and we made a first suit of collaboration in gardens and street of Paris. In 2005 I started producing myself with Gaël Segear in a French chanson band “Gaël et Gilles”.

In Biwako Biennale, we will continue this collaboration of art and music during an opening day performance using Guitar and Sanshin.

私の名前はGilles Bessou(ジル・ベソウ)、フランス人です。

1979年5月20日 南フランス Montauban(モントーバン)に生まれました。

2001年よりパリに在住。

ギターは、9歳のとき父親からクラシックギター習い出したことをきっかけに、弾き始めました。

2005年、Gaël Segear(ガエル・セジェア)と共に、フレンチ・シャンソンのバンド“Gaël et Gilles”としてスタートした音楽活動を皮切りに、2007年には”L’alphabet Desiré(アルファベット・ディザイア)”、2012年には “Uchronie(ユークロニー)”と発展的にメンバーおよび名称は変化しましたが、それらの活動を通して、パリでは多くのミュージシャンやパフォーマーとのコラボレーションを行ってきました。例えばチェロプレーヤKarsten Hochapfelや舞踏家のFrançois Genty。ドラマーのPhilippe ZarkaそしてキーボードのRachel Gruneisenなどです。

私が初めて日本を訪れたのは2013年。はこだて国際民族芸術祭に、私たちのグループ Uchronie「ユークロニー」として参加するためでした。

その年は7〜8月のあいだ日本に滞在し、また、2014年も同芸術祭に参加し、その前後には日本に滞在して、色々な場所で数々のパフォーマンスを披露しました。

2013年に初めて日本を訪れて以来、幸運にも知り合えた多くの優れたミュージシャン(ウッドベース:Michihiro Morisada、篠笛:Korey Deguchi、ドラマー:Ryouta Tanaka、サックス:Korey Deguchi、ピアニスト:Miki Sakata)やパフォーマー(Katsura Kan、Momoko Maki、Ami Maruyama)とコラボレートするために、毎年日本に来ています。

実際、昨年2015年には大阪から東京まで、30日間で28回の公演をしました。

琵琶湖ビエンナーレ芸術家、Akihito OkunakaやMayuko Tanabeとは2013年、初来日の時に知り合いました。

また、奥村章人は昨年2015年にパリに来て、庭園や通りなどを舞台とした、私たちとの初めてのコラボレーションを行っています。

琵琶湖ビエンナーレのオープニングでは、ギターと三線のパフォーマンスをします。