野田拓真

Takuma Noda

1978年生まれ。

嵯峨美術 短期大学 版画専攻。

卒業後、京都の老舗唐紙工房にて修行。

2011年 独立。滋賀県東近江市に図案家で妻の藍子とともに野田版画工房を構える。

襖・屏風・壁紙・パネルなどの制作、施工までを手掛け、年に数回の展覧会も行っている。

主な展覧会

2012年 BIWAKOビエンナーレ「御伽草子」

2013年 アメリカ ミシガン州 グループ展 「Art from the Lakes」

2014年 ギャラリーHakmokren 個展「うるわし気」

長浜 安藤家 個展「ふすまのすがた」

BIWAKOビエンナーレ「泡沫」

2015年 伊賀上野 崇広堂 グループ展 「鐘花」

南青山スパイラル エントランス 個展「あいさ」